德岛仙

2013年10月

煙雨夢,江南春

 

 

煙雨濛濛,輕輕泛舟穿梭在碧江上,清脆的柳絲揉潤著發絲,隔岸的落紅片片飛舞在江面,這一年我獨自行走在江南小鎮!

 

也許人的一生都有很多無奈,也有很多不易,出生在這個烽火亂世,我終究敵不過命運無情的洗禮。

 

夢中本是傷心路。芙蓉淚,櫻桃 語。滿簾花片,都受人心誤。 遮莫今宵風雨話,要他來,來得 麼。 安排無限銷魂事。砑紅箋,青綾 被。留他無計,去便隨他去。 算來還有許多時,人近也,愁回處。

 

—— 江城子 .憶夢

 

漂泊不定的生活使我有了多愁善感的性格,面對困難,我從未選擇放棄,我還是選擇詩情畫意的生活去品味生活的意義。我有梅一樣的傲骨,我有蘭一樣的高雅,有蓮一樣的清新脫俗,可世俗帶給我太多污垢,即是如此,我還是堅強的尋找生活的意義。也許我顧影自憐,但琴棋書畫還是我追求的意境!

 

有悵寒潮,無情殘照,正是蕭蕭南 浦。更吹起,霜條孤影,還記得,舊 時飛絮。況晚來,煙浪斜陽,見行 客,特地瘦腰如舞。總一種淒涼,十 分憔悴,尚有燕臺佳句。 春日釀成秋日雨。念疇昔風流,暗 傷如許。縱饒有,繞堤畫舸,冷落 盡,水雲猶故。憶從前,一點東風, 幾隔著重簾,眉兒愁苦。待約個梅 魂,黃昏月淡,與伊深憐低語。

 

也許前世我千百次的回眸,博得了今生你我的一次匆匆相遇,明知是過錯,你我卻還是傾心相遇,惺惺相惜。紅塵匆匆,曇花一現,開敗了一次的花,再無第二次的魅力,你我都是匆匆的曇花。

 

江南的煙雨,總是如此的無情,我詩情畫意的生活,最終還是滿腹的無奈。在亂世紛塵中,我一路飄零,沒有誰能懂我內心深處的那份惆悵!

 

夢江南.懷人

 

其一 人去也,人去鳳城西。細雨濕將紅 袖意,新蕪深與翠眉低,蝴蝶最迷 離。

 

其二 人去也,人去鷺鶿洲。菡萏結為翡 翠恨,柳絲飛上鈿箏愁。羅幕早驚 秋。

 

其三 人去也,人去畫樓中。不是尾涎人 散漫,何須紅粉玉玲瓏。端有夜來 風。

 

雖無男兒修身八尺,但我卻也琴棋書畫,文韜武略,也許上天給了我紅顏的樣子,卻給了我英雄的性格,對於世人,我還是很多的無奈!

 

多少次,也許我柳如是註定命中漂泊,空有一腹才華,卻也無從面對世俗。

 

很多時刻,我都渴望能有一個家,沒有烽火戰亂,沒有硝煙,一片盛世祥和!

 

一場繁華落盡,我最終還是回到屬於自己的角落裏。

 

此去柳花如夢裏,向來煙月是愁端。原來我赤條條的來,只為擦淨六根所沾染的塵埃,只為心無掛礙,重返寧靜。

島野珈琲さんのブースで、コーヒー豆&お菓子の販売を手伝わせてもらったけど、売上ノルマがあるわけでもないし、気楽っちゅーたら気楽やん。

 

って言うて、誰もナンも買ってくれへんかったらテンションさがるから、初日の朝にイキオイつけようと思って。

 

 

「独り作戦会議」。Office Furniture

 

 

そもそも、その日は「自作の弁当」持参の予定やってん。

10.5pt; font-family: 宋体;"> 

※フェイスブックで見てる、摂陽観光・藤原シャチョーのランチ画像に日々刺激されて、弁当持参に憧れててん。

 

弁当って、1個作るんも2、3個作るんも手間一緒やん。せやから4つ作ってん(鮭の切り身の都合で)。

 

1つは自分の。もう1つは、とりあえず島野シャチョーの。で、あと2つ。

 

今回、知り合いの出展者さんたくさんいてはってんけど、中でもお人好しそうな…。ちゃうちゃう、中でも気が弱そうな…。ちゃうちゃう、中でも羽振りが良くてジェントルマンで、だ~い好きなシャチョーさん2人に狙いを定めて。

 

 

「お菓子2,000円分買ってくれたら弁当ついてくるで」

 

「えっ、お菓子2,000円分も?」

 

「あんなぁ。2,000円の弁当に、タダのお菓子がついてくると思たらえぇやん!」

 

office furniture的選擇 

そんなこんなで、初日の朝から4,000円売上してご機嫌☆

 

 

 

カモ達、ありがとー!

 

 

ちゃうちゃう。羽振りが良くてジェントルマンで、だ~い好きなシャチョーさん達、ありがとー!

 

雪肌蘭

ジャコメッティ
Office Furniture  日曜日、所用のあった橫浜から葉山町まで足を延ばした。神奈川県立近代美術館葉山での「アルベルト?ジャコメッティ——矢內原伊作とともに」展(30日まで)を見た。
  周日,筆者有事去往橫濱,順便去了趟葉山町,觀訪了神奈川縣立近代美術館在葉山舉辦的“阿貝爾·賈柯梅蒂——與矢內原伊作同在”展覽(30日止)。
  矢內原氏は哲學者で、父は東大學長を務めた矢內原忠雄氏だ。フランスに留學し、ジャコメッティのモデルを繰り返しつとめた。その時の彫像や絵が並ぶ。ほかにも、あの獨特の針金のようにそぎ落とされた人體などが置かれている。
  矢內原先生是一名哲學家,他的父親矢內原忠雄曾就職於東京大學校長。他曾留學法國,還多次成為賈克梅蒂的模特。展館內陳列著當時的雕像和繪畫。此外還有像是特製的金屬絲一般雕琢成的人體雕像。
  「彫刻は空虛の上にやすらう」。office furniture的選擇ジャコメッティがそう述べたと、詩人で仏文學者の宇佐見英治氏が「見る人 ジャコメッティと矢內原」(みすず書房)に書いていた。「じっさい彼のひょろ長い彫像は空虛から不意に出現して、またあらぬところへ消え去ろうとするかのように見える」とも記す。
  ひょろ‐なが?い「ひょろ長い」
  [形]ひょろひょろと、細くて長い。「―?い手足」
雪肌蘭

このページのトップヘ