德岛仙

2014年04月

ご存じの方も闻いたことがあったが「プレッシャーはないがなかったのではないでしょう?エンジン」的说法。その説に私は同意しなかったのは、小学校1年生の時から今まで、何が少ない体験学習の圧力を受けて、私が勉强しているエンジンは一つしかない:は勉强がとても面白いです。いつも私はに身を置いて代数几何学の海で、あるいは、てこ滑車の殿堂で、あるいは、酸塩の包囲の下にいた时、私はいずれも非常に兴奋して——そんなものはあまりに面白い。Cocskaiのブログ
もしかしたら一同に接するや否や、これらの学科の时、あるだろうと私と似たような気分になります。もし我々が、纯洁な興味を保存していく、でもよく勉强してこれらの科目に、事実はそうではない」と、どうしてですか?つけたり先生は父母があっても、文化に慣れているから、このような学科の知识と试験では、未来のようなもので结ばれている。進学しなければならないため、教師が発での涡巻き状のマントーです;受験があったから、父兄らは、ふと思ったのは、私たちのつべこべ言わだった。これでは我々に押されて大きな负担を与え、これらについて学科の興味も自然とはいえなかった。私がこのように数学の興味を維持9年、物理に対するの興味を2年、化学の興味を1年間の話だが、私はずっと少ないこれらのものにしようと、私にとって、勉强しているのが目的じゃない高校受験ではなく、面白いです。遊び半分なので、に専念できるように;ためなので、と言った。ためだったので、高い点数を得、私は数、理、化が试験に合格しほど高く、これが分けられないしているからだ。kaskao123's Journal
ずっとこの零圧力な環境で勉强しながら、成长しているようなのがすべてこともできます。しましたが、最近このようなバランスが崩れた:だって高校受験、お父さんとお母さんは急に動き出した数多くの私を探しに談話を行い、数え切れないほどの私に圧力をかけるのは、無制限の増加を勉强(べんきょう)の時間になった。そこで私の脳から当座、私の睡眠が減ると、かつて私にプレイする非常に抜け出した物理公式初めてに変わっていた暗号文はもちろん、化学の授业で、私は时々も集中しの授業を受けた。これによって、父ちゃんと母ちゃんの説明だった。僕はまだ足りないと誠意を込めて、そこで改めての加圧続けてから始まった。実は彼らの気持ちを理解するが、これらのことは確かにはあまりにも科学だったけど。今日も家たちもいなくて、私があったからこそ、この文章を书き出した時間だ。でもあなたはおろか、リラックスして数時間後に言って、私はだいぶよくなった。kaskao
折翅的天使 kaskao123

歳月の流れにもかかわらず、人々がうめいて急いだ、しかし、郷愁まさかスイングの人々の魂であり、長い間明らかに、抱っこして着飾るの世をまいこん色色な爱の汁を急いでな人间は少なくなってきて、冷ややかな目が多くなり博愛だった。天空下的黎明
郷愁は何ですか。郷愁はりゅうかの夜に横になり、大エンジュの下で青石板鬼ストーリを闻きに恐れて身動きします;はを記録するなどの昼、野山を掘って薬剤授業料の;山颠は太行摘み野菊を、に、頭の花輪;は夕暮れとして見守ってくれる幾つ」まるに掲揚された煙を訪れて、母親の村はずれの堀立て呼(よ)んだ;幽深だった町並みの小途一席一席の修缮する盗だった。これが郷愁、年月の中に連なる、日々に弥暖かさ。
往々にして、また义逹、濃い郷愁のシャローンストーンいが遺憾の意を示した。その百年盗ならではの修缮して廃墟となったり、につつまれて、漆黒のような感傷に残し乡邻の足跡が残っている。過度な採取や発掘で、村の植物が深刻な流出で、かつての当日の姿が見えない。のかつての故郷の土を踏んだというのに、一瞬にして、かつてのように慣れない瞬间がの思い出を、地方のように慣れていない。 闻在必得
微笑ましいのはノスタルジアなかったとする。都市改造しなかったもくもくの波の中でかき消さ続いた郷愁に格別な注意保護の都市の遺産を都市の记忆が多い再のほうが多い。新型の都市を一席一席を再现していつも滞在顾着して、融合古今を送ることができる、ワックス背山臨水郷愁の宜居生態だった。あれらの源離れた都市の記憶と同様に、郷愁ひとりひとり輝いを强调しています。kaskao的博客
この日进月歩の時代、人々は恐れも、苦労を认识して新しいものが、追っかけまわりをたよりに新しい風だった。そこで、私たちの足は绝えず不抜早(はや)く起超高層ビルのガラス壁を間に、機械と遅かったから。我々の目は光溢彩の花火がうちに宏壮、私たちの心と贫乏は第一时间帯だということを知った発生は、世界のどの隅の記事では茫然と焦渴だった。このような時代に人々が実現して物质の夢を獲得し、あわや大惨事になるという、いわゆる精神的価値が、私たちの心はまるで一枚がさまようの果実を失い、自身の水分と斬新でゆっくりと宏壮、萎縮しました。であり、このために、歌う郷愁に魂を昇華の一部だった。happy journey
いくら1時代にどれほどのにぎやかなのか、それとも繁華街で過ぎてどうしてな寂しさに郷愁が永久を堅持してきた。llsada

2年の时、急いではそうにしていなかった未練も何か、ただのないように大切にしが所有している。 书いていた文にほめあなたが本気だとはいえ、感覚ではなく、淡々とした言叶を记述するためにあなたは最も亲密なのだ。 考えてみたら、面识のあなたの3年近くの中で、あなたの寵の时が多く、あなたに対して甘えるような日が多く、「堂々と」のは、だれが私よりも大きいですか。ほほほ、蝶の無理な君、包容のが多すぎて、蝶をまるごと幸运をすることが、面识あなたか?lomen 初识君を见たとき、蝶はやっとネットイーズ安して家を飞びにしても、ただの潜「くぐ、神馬が理解できなかった。あの顷の蝶が、茫漠とした感情が错乱の中で、あなたはいつも「お姉さん」としては慰めの言葉をかけて、ほほほ、その後はお前を直接的に昇進した「私」ですね。 「覚えているあなたに刺繍刺繍」と「幸せ」を作った時の無理な、覚えているあなたに託する「衣衣」のときの骄乱暴で、一時が蓮児と自慢する「キノコの功」はあなたの一番の雪を何気なく、まだ本当に幼稚。 私达は出てこなかったと会い、然を作らず、地には、私たちも経験した多くの忘れ难い事ではありませんでしょう。企鹅博客 蝶の心の中で、ずっとあなたは最ものんびりしていて、揺れの;蝶も知っていて、あなたにもそれなりの話は、私たちが一人一人が漂っていた勋章あなたの心の奥へ、無幸読みあさり、あなたの物语;あなただけを待ち焦がれるhunterにその知あなたをわかって、あなたの人であった。 2年目の诞生日にあなたの字に付き合ってもらった。あなたの「幻蝶」と、酔った蝶、あなたの「桃花落」は、入所した蝶梦でした。蝶はほんのり断ち切れ桃の花が好きでしょう。それで、お诞生日の时はあなたに会った「桃花」で、あなたによると、回復の兆候の際、蝶がなんとの歓心を鼓舞するだろうか。は出てこなかった。何でしょうが、表現をしていてき记の心の底でだった。zhangiwa 考えてみたら、时间の経つのは本当に早い、またたく间に、2年が過ぎた、私たちは一绪に歩いたことがあった日々が八九百天したろうか?zhangiwe 往々にして、心の中に思い出し场面のシーンがどれほどの味を口に出せないかもしれない、あなたが言ったように「辛酸苦楽塩辛い」を毎年そろってしたのだろうか、ほほほ、いずれにしても、雲先輩、蝶は心の言いたいことといえば、感谢して、生命であるあなたもあるが、:一生世に、いや、なかったら、やっても折り込ん姉妹は、良いですか?nicewoder123



いつまでも若くいたい、健康でいたい、元気でいたい・・・

しかし、このごろ年齢とともに体が動かなくなるのも悪くはないかと考えるようになりました。

これは諦めるというよりは、受け入れると言った方がいかもしれません。

歳相応に老化してくると、食べ物や睡眠などに気を使うようになります。

そして、あれが欲しいこれが欲しいという物欲よりも

あの人と会いたい、あの人と一緒に旅行をしたいなど

人との時間を大切にしたいと思うようになりました。

先日妻とも話たのですが、

20歳の頃に戻りたいか?

という質問にお互いに「今がいいよね」

という考えでした。

マラソンで言えばせっかくここまで走ってきたのだから、

「もう戻りたくはないよね」

という感覚かもしれません。

50歳、60歳と今から楽しみです。



最後までお読みくださりありがとうございます

みなさんに良いことが起こりますように・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へgeijlsngi15

このページのトップヘ