德岛仙

2014年10月

牛は元々草を食べる動物で、肉質も現在の様な、
 筋肉の隙間に脂身がある様なものでは無かったそうです。
 ところが、20世紀の初頭に牛に穀物を与えることで、
 筋肉の隙間に脂身が出来ることが発見されました。
 その後、食肉牛は穀物を与えて育てる事が当たり前になったそうです。

 牛は2歳でほぼ成長が止まるそうで、大抵はこの時点で出荷するそうです。
 更に2年程穀物を与える事で、美味しい霜降り牛肉になるんだそうですね。
 その霜降り牛を食べた後に言うのもなんですが、牛に穀物を与えている為に、
 8億人あまりの人間が飢えているそうです。

 穀物の最大生産国はアメリカですが、生産量の80%が牛に与えられています史雲遜
 牛を一キロ太らせるために必要な穀物は、八キロです。
「八分の一に減るんだ」
 と、事はそう単純な問題ではありません。
 カロリー面では、100粒の穀物が5粒に減る計算になるそうで、
 大変なエネルギーのロスになります。
 ただでさえ、畜産は農業の中でも効率が悪いとされます史雲遜

 作物を直接食べた方が、エネルギー効率が良いのに、
 わざわざ間に家畜類を入れるわけですから当たり前です。
 現在、もし世界の牛に穀物を与えることを止め、それを8億人の飢えた人達に回したとすると、
 一人当たり3500キロカロリーとなり、
 成人男性の一日分の必要カロリー2500キロカロリーを1000も上回ることになります。

 中国では、肉と言えば、元々、豚・鳥が当たり前で、それも基本は残飯などを与えていましたが、
 経済発展のめざましさに伴い、牛肉食が進み(※1)
 2002年から大量の穀物を輸入しているそうです。

 中国も、かつては穀物の生産大国でしたが、農業離れが進み、
 現在では自給率101%(2002年現在)に落ち込んでいます。
 牛肉食がいけない訳ではありませんが、このまま、家畜に穀物を与え続けると、
 自給率の低い日本などはあっという間に食糧難に成ってしまうかもしれませんね。

※1)かつて日本の高度経済成長期に米国が牛肉食を進めたように、中落妝產品

猫の命名で面白いので言えばa> 、
俳優でもあり映画監督でもあった伊丹十三氏の猫の名は、
『黄金丸(こがねまる)』。ボールで芸もした猫だった。
そして彼には『歯医者』という猫もいた。「何で歯医者?」これがわからない。

『家出のすすめ』知られる寺山修司は、二匹の猫に 護髮產品
それぞれ『質問』『答え』という名をつけていた。

『グリム童話』に収められている動物笑話「猫とねずみのともぐらし」
という話の中には、little princess
猫が逆に名付け親になって赤ん坊の名前をつける話が出てくる。
赤ん坊のしぐさを見て、「縁なめ」「半分ぺろり」「全部べろり」
という名を付ける話が出てくる。

また、落語の小咄に『猫の名前』というのがある。
猫にいい名前を付けようとする話。

「この猫には強くなってもらいたいから、一番強いものの名前を付けようと思うんだ。
そこで『虎』って言うのがいいと思うんだが、どうだい?」
「強いんだったら、龍の方が強いや」
「龍をのせるのは、雲だぜ?」
「じゃあ、雲だな」
「雲だって、風が来りゃあ、飛ばされちまうぜ」
「じゃあ、風に飛ばされないもの?」
「そりゃ、壁だな!」
「壁だって、負けるものがあるだろう?」
「そりゃ、齧(かじ)られるから、ネズミだな」
「ネズミ?ネズミが一番強いかい?」
「ネズミより強いと言ったら『猫』だ!」sickmomi的博客

 林間蜿蜒的小路上,緩緩走來一位身著大紅毛衣外套,脖子上圍著墨綠色紗巾的中年婦女。她不時向鍛煉的人群投去親切的微笑,款款踱上河邊的高坡,在一個樹樁造型的石凳上坐下來。當她抬頭向漢水邊望去時,眼裏閃現一絲詫異。她摘下眼鏡,掏出手帕細細地擦了擦,又專注地朝河邊看了幾眼,還是沒有看到半個月來天天看到的熟悉身影。painlybaby
 
  她有些失望地朝河面看去,冬泳隊旗下,幾排五顏六色的泳帽在河心緩緩移動,把寧靜的河水攪起一簇簇浪花。一陣寒意襲來,她不由自主用手捂著隱隱作疼的胸口咳了兩聲。Huahuashije
 
  已經三天沒看到他的人影。他生病了?出意外了?還是……萍水相逢,認識才幾天,她萬萬沒有料到會為這個男人如此牽腸掛肚。他不就是個平凡的泥瓦匠麼?一個怕孩子受委屈,十幾年來吃盡苦頭,獨自把他們養大成人的鰥夫麼?自己這樣瞎操心犯得著嗎?憑什麼啊! 犯不著,犯不著……她不停的這樣告誡自己。 張恆宇
 
  鍛煉的人群三三兩兩散去,暖暖的陽光裹在晨霧裏從樹枝間柔柔地飄灑下來,濃霜已悄然融化。她想:他今天不會來了。她恍恍惚惚站起來,無精打loosely 采的身影漸漸消失在叢林裏。hulaheiyou

このページのトップヘ