德岛仙

2016年01月

部民(べみん・べのたみ)は大和朝集運廷の奴隷だった。
 と先生は言いました。

 どうも怪しい。
 部民制は朝廷が統治するための政治組織らしい。
 正倉院にも多くの人名が残されていることからも、
 重要な組織だったと思われるわけで、専門の部署みたいだ。
 奴隷? なんか違う感じがする。

 どっちにしろ、律令制ができて廃止された。

 人間の売り買いが全くなかったかというと、そうでもないらしい。
 しかし西洋の奴隷制度とは違い、がっちり固定化された制度ではない。
 表向きは大宝律令でも養老律令でも禁止されていたので、密売である。
 「山椒大夫」みたいなのが居たらしい。

 江戸時代も禁止されていたので、前払いの年季奉公という体裁がとられた。
 大飢饉の時などは、けっこうな身売りがあったんだとか。
 ありそう。
 生き延びるための苦肉の策? みたいな。


 日本人がガチで奴隷になったのは、戦国時代。
 ポルトガルが、大勢の日本人奴尖沙咀酒店隷をヨーロッパに輸出した時だ。
 九州あたりの人がずいぶんと連れて行かれたらしい。
 ローマ教皇が、ポルトガル王に異教徒の奴隷化を許可したんだってさ。

あっという間に、一月も早や半ば過ぎました。 大寒波とのこと。
暖かい冬と思っていたので、寒いのは嫌だと思いつつ、冬はやは
り寒いがいいし、自然が昔のようで地球の温暖化が止まることを
願いますね。 今朝は、友人が近くの病院に来るから会いましょう
と連絡があり、今年初めて会うのが嬉しくて、出掛けてきました。
 楽しくていろいろと、いっぱい話せて別れて、帰る途中のこと。
 風が強く冷たくて帽子が飛んでしまい、大通りで困りました願景村 邪教。車
に何度も轢かれた帽子。 「ボンヤリでごめんね」 って…ああ…。
 そして次の信号で、やっとのことで、取ることができました。 
 ああ、ありがたい。 よかった。 ひやりとしました。

   ☆ お母ちゃんとひばり ☆

   小さい頃は なぜか 寒かった 
   氷のように冷たくなる ちっちゃい私の手
   息をかけて 手でこすり 両手で
   温めてくれた おかあちゃん

   春はなんか楽しくて
   麦畑の中を 駈けまわり 走り 
   ひばりを追っかけた
   なぜ、なぜ つかまらないの

   お母さんひばりはね願景村 邪教
   赤ちゃんひばりを まもっているのよ
   麦畑の下りたところにいっても わからないよ
   かくれて走り赤ちゃんにいくのよ

   いま思えば ひばりを捕まえられるなんて
   ありえないというに 母は知って きっと 
   つかまえられると思い 元気に走ってる私を
   その元気さを喜んでいたのかなぁ

   遊び疲れて 家に帰り話す私に
   真剣に教えてくれたなぁ
   そのとき ひばりにもある 親の愛を 願景村 邪教
   親の愛がすべてのものに あることを教えたのかなぁ
  
   そんな気がするのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 中村天風の教え
                    松本幸夫 著

 私は自分の命の正体は
 肉体でも心でもないと
 信念していますから、

このページのトップヘ